【iOS】 Wi-Fiで安全性の低いセキュリティと出たときの対処法

はじめに

やっとNuro光の工事が終わった!!!

うっきうきな気分でiPhoneをWi-Fiに接続したら、「安全性の低いセキュリティ」と出た場合の対処法です。
基本的には、ルーターの管理画面で認証モード暗号化モードを変更すれば解決します。

環境

  • Nuro光
  • 光回線機器(SGP200W)
  • iPhone 11(iOS 14)

手順

必要なもの

パソコン」と「LANケーブル」が必要です。

ルーターとパソコンを有線で接続する

Wi-Fiで接続すると、設定変更がうまくいかない場合があります。

管理画面へアクセスする

※ルーターの機種によって異なります。
【Nuro光の光回線機器(SGP200W)の場合】
Webブラウザのアドレスバーに「192.168.1.1」と入力すると、管理画面にアクセスできます。


初期設定では
アカウント:admin
パスワード:Wi-Fiのパスワードと同じ
となっています。

認証モードと暗号化モードを変更する

認証モード:WPA2 PreSharedKey
暗号化モード:AES
となるように設定します。

【Nuro光の光回線機器(SGP200W)の場合】
①WLANタブを開く
②認証モードを「WPA2 PreSharedKey」
 暗号化モードを「AES」
 に変更する
③適用を押す
④5G基本ネットワーク設定でも2.4Gと同様に①~③の設定を行う。

認証モードについて

「WPA」よりも「WPA2」の方が強力というイメージです。
「WPA/WPA2」という選択肢もありますが、基本的にはWPA2のみで問題ありません。
PreSharedKeyはPSKのように略されることがあります。

暗号化モードについて

「TKIP」よりも「AES」の方が強力というイメージです。
「TKIP&AES」という選択肢もありますが、iPhoneでは安全性の低いセキュリティとして認識されてしまいます。

以上で終了です!
iPhoneのWi-Fi設定画面を更新し、確認してみてください。

参考

SGP200W取扱説明書 – NURO光